肌が白いのは美人の条件!美白肌に欠かせない美白美容液とは

美白成分ってどんなもの?

色白肌は日本人の美人の条件です。色白肌を目指す上で美白美容液という言葉をよく聞きますが美白成分とは一体どのようなものなのかご存知でしょうか。美白成分とは厚生労働省が認定した美白効果のある成分です。各医療メーカーやコスメメーカーが研究開発した美白成分はさまざまなアプローチで美白効果をもたらしますので、自分に合った美白成分を選び、毎日のスキンケアに取り入れることをおすすめします。使い続けるほど透明感のある美白肌を目指すことができるのです。

アルブチンやビタミンCの効果

美白成分として有名なものにはさまざまな種類があり、カモミラET、コハク酸、エラグ酸、トラネキサム酸などが有名ですが、最も多くの美白コスメに利用されている人気の美白成分がアルブチンやビタミンCです。アルブチンは大手コスメメーカーが開発した美白成分で、メラニン色素の生成を抑え、シミやくすみを防ぐ働きがあります。またビタミンCは大変肌に優しい美白成分で、抗酸化作用も期待できるので、日焼けした肌に使いたい美白成分と言えるでしょう。

美白効果と保湿効果の高いプラセンタ

通常美白成分というと美白に特化した機能がありますが、プラセンタは美白機能だけでなくさまざまな効果がある成分です。哺乳類の胎盤から抽出される成分であるプラセンタは美白効果の他に高い保湿機能があるので乾燥を防ぎながら美白を目指すことができます。また、プラセンタに含まれるグロウファクターは肌の新陳代謝を活発にする働きがあるので、くすみを防ぐアンチエイジング機能も期待できるスーパー美容成分です。美容液として毎日のケアに取り入れることで質の高い美白肌を演出することができます。

美容液は、適量を手のひらにとって肌に押し込むようにパッティングしながらぬると、しっかりと浸透します。