家庭用脱毛器を使う時には冷却ジェルは必須?

照射前に塗っておくもの

脱毛サロンでは、光脱毛を行う前に肌の痛みを和らげる為に冷却ジェルを使用します。家庭用脱毛器は業務用のマシンを作っているメーカーが製造などを担当しているものも結構ありますが、これを使う場合もやっぱり冷却ジェルを使っておく方がいいのかな?って思いますよね。冷却ジェル単体でも市販されているのを見ると、必ず使った方がいいのかとも思えますが、実は家庭用脱毛器の場合は、冷却ジェルは使わなくても大丈夫なんですよ。

使わなくてもいい理由とは?

家庭用脱毛器にも、専用のジェルの使用を推奨しているものもありますが、基本的には脱毛器についている冷却材か冷たくしたタオルなどを使っておくだけで十分です。ジェルの代わりに化粧水などを使うのもよくありません。なぜなら、安易に化粧水を塗ると配合されている成分が脱毛器から出る光で酸化する可能性があるからなのです!それでは肌にはあまりよくないですよね。市販されているジェルも、美容成分が多めのものもあるので気を付けて!

アフターケアには使ってもいい?

それでは、市販のジェルはいったい何のために使えばいいの?ということになりますよね。答えはアフターケアのためです。家庭用脱毛器の光を浴びた後のお肌は、日焼けをした時と似たような状態になっています。つまり乾燥していて紫外線にとても弱い状態になっているのです。そこで、適切な保湿ケアを行っておく必要があるのです。サロンでも肌にいい成分をたっぷり配合してジェルで肌のケアまで行っていますよね。化粧水もアフターケアで使うなら大丈夫ですよ。

現在女性はもちろん、男性が全身脱毛をするケースも非常に増えています。男性専門のサロンもあり、好評です。