自己処理よりも医療機関などを検討したほうがいい

色素沈着で失敗してしまう自己処理

何より女性はわきのムダ毛や中途半端に?自己処理を行ったわきを、他人に見られるのが恥ずかしいと思っています。かみそり、毛抜きで行うと毛の生える範囲が広がって太くなっていき、色素沈着で黒ずんだり、皮膚に毛が埋もれたり。かみそりや毛抜きの処理は肌によくないことがたくさんあります。かみそりや毛抜きの方法はどんどん毛が濃くなってしまうのでやめましょう。ネットや雑誌で誰でも光脱毛を目にしたことがあると思います。

光脱毛は画期的だとおもいます

医療機関でなくエステサロンでされる脱毛施術が光脱毛ですが、フラッシュ脱毛と呼ばれたりして、脱毛したい所に専用機器で光を当ててメラニン色素に熱を吸収し脱毛を促進します。光脱毛と同じ原理の方法でレーザー脱毛があり、美容皮膚科のクリニックで利用される方法。エステでされる光方式との違いは、出力の強さです。レーザー脱毛は医療として扱われ、出力も高く効果が出やすいのが特徴。レーザーという呼び方ができるのは医療脱毛のみ。

レーザー脱毛以上の時間がかかる

光脱毛はレーザーに比べると光出力が弱く、施術中の痛みが少なくてトラブルになりにくいです。また、脱毛時に毛穴が引きし合ってきめ細かくなって美肌効果を期待できます。そして、照射範囲が広いことは施術時間の短縮になり、両脇なら約10分で脱毛が終わるケースもあって、空いた時間で気軽に行えます。これは光出力を弱め痛みを抑えられますが、代わりに1回当たりの脱毛効果が低くなります。ですから、効果実感ができるまでレーザー脱毛以上の時間がかかります。

医療脱毛を東京で手掛けるクリニックの場合、豊富な実績による高品質な施術だけでなく、丁寧なカウンセリングが実施されている点でも人気です。