一手間で違いが出る!歯間ブラシで歯の健康をキープしよう

歯垢除去効果は95%!

歯磨きを丁寧にしていれば、歯垢はつかないと思っている方も多いのでは?確実は歯ブラシだけでは、歯垢を約60%しか取る事が出来ないと言われているんですよ。歯ブラシでは歯と歯の間についている歯垢は、なかなか落とせませんよね。歯垢をそのままにしておくと歯石になって、ブラッシングでは落とせなくなってしまいます。歯の健康を守る為にも、歯ブラシだけじゃなく歯間ブラシも使ってデンタルケアしましょう!歯間ブラシを使うと、95%もの歯垢が落とせるというデータがあるんですよ。

初心者におすすめの歯間ブラシ

歯間ブラシは細いブラシ状になっていて、歯と歯の間についた歯垢を取るのに大きな効果を発揮します。歯間ブラシ初心者という方は、小さ目のサイズの歯間ブラシから試してみましょう。ブラシのサイズが大きすぎると歯と歯の間に入れた時、歯茎に当たって痛みを感じる事があるんです。また、歯茎が腫れているなどしている時は、ナイロン製の歯間ブラシだと痛みを感じてしまう事が多いみたいですね。ゴム製の歯間ブラシはとても柔らかいので、歯茎にトラブルがある時や初心者の方でも使いやすいですよ。

力を入れず磨くのが鉄則!

より歯垢を落とそうとして、歯磨きをする時についつい、ゴシゴシと磨いてしまいがちですよね。歯間ブラシを使う時は、ゴシゴシ磨かないようにしましょう!力を入れ過ぎてしまうと、歯茎を傷める原因になってしまうんです。歯間ブラシは鉛筆を握るのと同じように持ちましょう。この持ち方をすると、磨く時に余聞な力が入り難いんですよ。また、歯と歯の間に歯間ブラシを入れる時は、真っ直ぐではなく少し斜め上に入れると、歯茎を傷つける事もなくなります。

進行した虫歯を治療したいときに役立つのが根管治療です。治療に最適な歯医者を探すときには、治療実績の多さと患者の口コミ情報を参考にするのが良い方法です。