出産を終えた後は何をしていくべきなのか!

出産という大仕事の後は

妊娠、出産という大仕事を終えた後は、体の状態も妊娠前とは変わったという人が多いです。その中でも多くは、体質や体型です。体質はおいおい直していくとして、体型はなるべく早い段階で治しておかなければ元に戻らない場合があります。産後半年間が体型を戻すチャンスです。この半年という時期を過ぎてしまうと、体型が戻りにくくなってしまいます。この半年という期間は、骨盤や子宮が収縮しやすいので、それだけおなかのたるみなどにも柔軟に対応ができるのです。

産後の行動については

産後の悪露などがある程度落ち着いてきたら、その次にする事はおなかや骨盤の引き締めです。ですが、骨盤の引き締めを行う前に、その骨盤がきちんと正しい位置に治すのが必要です。それには整体などに行って、体調がよければ早い段階で治してもらうと良いでしょう。そうしてそのいい状態の時に、ガードルなどでしっかりと骨盤の位置を正しい位置で固めましょう。そうすれば、下半身などのダイエットにも効果が出てきます。あとはそのガードルでお腹も引き締める事ができます。

ガードルを着ける意味

お腹の引き締めガードルを選ぶ際には、最初はきついかもしれませんが、後々痩せていったときでもある程度の引き締めが得られるようにサイズを選んでいきます。サイズはきついものを選ぶのがいいですが、それでもあまりにもガードルからお肉がはみ出てしまうのはよくないです。しっかりと肉をガードルに納められるようなタイプの物を選びましょう。そして、そのまま長時間着けていても負担にならないものを選びましょう。ずっと着けていなければあまり意味がないからです。

小さな赤ちゃんのお世話をしながら、産後ダイエットをすることはとても大変です。自分の体に無理をしない程度に行う必要があります。